第58回「家康の懐刀と呼ばれた智将・石川数正 編」

日本の歴史に名を刻む偉人たちは果たして私たちがイメージする通リの人物だったのでしょうか?そんな彼らの偉大な功績や意外な素顔に迫り、その人物像を履歴書にまとめて、現代のビジネスや組織マネジメントにも通じる人生哲学を学びます。あの偉人が現代に生きていたら、どのような働き方をするのか?なんの仕事を任せるのが良いのか?想像が拡がります。

家康の懐刀と呼ばれた智将・石川数正。
軍師として有能な外交官として若き家康の進むべき道を照らした重臣中の重臣。ある日突然、地位も名誉も捨てて秀吉のもとへ出奔した男の心中とは?

お気に入り登録

関連動画