1月23日「北朝鮮 核兵器量産を宣言! 朝鮮半島の緊張エスカレートの一年か?」

ゲスト:平井 久志(共同通信客員論説委員・元ソウル支局長)、松田 春香(大妻女子大学文学部准教授)

去年、過去最多のミサイル発射を繰り返した北朝鮮。11月には米本土に届く「ICBM実験を成功させた」と表明し、金正恩総書記が娘と共にこの実験を視察する光景を公開した。既に「核を手放すことは無い」、核兵器は「戦争に勝つために先制使用できる」と明言していた金正恩体制。彼らにとって核兵器は、もはや抑止力ではなく「使うための存在」であり、年末の党会議では、その増産を最優先事項とした。
これに対して、韓国尹政権の高官は、「韓米の核共同保有を協議中」と述べるなど対決姿勢を明らかにしており、朝鮮半島で核兵器をめぐる緊張が高まっている。
そのような中で迎えた2023年、朝鮮半島情勢の行方とは?専門家と共に徹底検証する。

お気に入り登録

関連動画