報道ライブ インサイドOUT 「タカラベnews&talk」

報道・経済

報道ライブ インサイドOUT 「タカラベnews&talk」

毎月最終金曜日 よる8時59分~9時54分

財部誠一ならではの、深く、リアリティある“news&talk”

番組詳細


出演者・スタッフ
財部 誠一(経済ジャーナリスト)
内田 裕子

ARCHIVE
これまでの放送

「渋沢栄一と帝国ホテル」

ゲスト
定保 英弥(株式会社 帝国ホテル 代表取締役社長 社長執行役員)
放送日: 2021.6.25

「コロナに勝ち抜くテレワーク戦略」

ゲスト
平野 洋一郎(アステリア株式会社代表取締役社長 / CEO)
放送日: 2021.5.28

「業務スーパー創業者が語る快進撃の秘密」

ゲスト
沼田 昭二(業務スーパー創業者 / 町おこしエネルギー会長兼社長)
放送日: 2021.4.30

「日本のエネルギー政策と危うい電力事情」

ゲスト
竹内 純子(国際環境経済研究所理事・主席研究員)
放送日: 2021.3.26

「好調な中国経済と台湾統一のシナリオ」

ゲスト
柯 隆(東京財団政策研究所 主席研究員)
放送日: 2021.2.26

「医療現場から見た新型コロナの実情」

ゲスト
阿保 義久(北青山Dクリニック院長)
放送日: 2021.1.29

「コロナに負けない劇団四季の戦い」

ゲスト
吉田 智誉樹(四季株式会社[劇団四季]社長)
放送日: 2020.12.25

「バイデン氏の政権運営を読む」

ゲスト
中林 美恵子(早稲田大学社会科学部 教授)
放送日: 2020.11.27

「コロナで生き残る日本企業の条件」

ゲスト
冨山 和彦(経営共創基盤 IGPIグループ会長)
放送日: 2020.10.30

「『在宅医療』のトップランナーが語る最前線」

ゲスト
佐々木 淳(医療法人社団悠翔会 理事長・診療部長)
放送日: 2020.9.25

「コロナ禍でも堅調な星野リゾート」

ゲスト
星野 佳路(星野リゾート 代表取締役社長)
放送日: 2020.8.28

「中国は世界の覇権をにぎるのか」

ゲスト
柯 隆(東京財団政策研究所 主席研究員)
放送日: 2020.7.31

「新型コロナで減速した世界経済の行方」

ゲスト
熊谷 亮丸(大和総研専務取締役 調査本部長 チーフエコノミスト)
放送日: 2020.4.24

「AGC・100年企業の風土改革」

ゲスト
島村 琢哉(AGC株式会社 代表取締役 兼 社長執行役員CEO)
放送日: 2020.3.27

「働き方改革の救世主 正しい『テレワーク』とは」

ゲスト
平野 洋一郎(アステリア株式会社 代表取締役社長兼CEO)
放送日: 2020.2.28

「西武グループの新たな挑戦」

ゲスト
後藤 高志(西武ホールディングス 代表取締役社長)
放送日: 2020.1.31

「老舗書店が作った驚くべき施設」

ゲスト
松信 健太郎(有隣堂 副社長)
放送日: 2019.12.27

「世界初の宇宙ゴミ除去事業に挑む」

ゲスト
岡田 光信(アストロスケール創業者 兼 CEO)
放送日: 2019.11.29

「三井住友FG社長が考える金融業界を変える戦略」

ゲスト
太田 純(三井住友フィナンシャルグループ 取締役 執行役社長 グループCEO)
放送日: 2019.10.25

おすすめ番組

アニゲー☆イレブン!

放送日: 2021.07.23

太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選

太田和彦流 ひとり家呑み道 第4弾!

放送日: 2021.07.07

太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選

太田和彦流 ひとり家呑み道 第4弾!

いまだ続くガマンの日々にはせめて家呑みを、ということで大好評の太田流"家呑み道"第4弾!太田さんにぜひ呑んでもらいたい、プロが厳選した銘酒の数々をご紹介します。 第1部はビール。今回は国産クラフトビールの3種呑み比べ。クラフトビールの専門店「びあマ」からのオススメは、埼玉県の「毬花(まりはな)」。度数を抑え、呑みやすさを追求した夏の一杯。続いての「ハルウララ」は、北千住の醸造所で作ったお店限定の樽生。さらに、「帝王的な堂々たるビール」と太田さんをうならせたのは、茨城県の「NIPPONIA」。泡を立てずに、ゆっくりと味の変化を楽しみながら飲むという発見もあり、クラフトビールの仕上がりの違いを存分に堪能することができました。そこに、オイルサーディンのチリ風味やタラの肝臓の薫製など輸入缶詰をチョイス。ビールにはお手軽なつまみを合わせるのが太田さんの流儀です。 第2部は、日本酒3種の呑み比べ。五反田の老舗酒販店「桑原商店」からは、尾瀬の清冽な水で仕込んだ逸品「水芭蕉 夏酒 純米吟醸おりがらみ」が。続いて斬新なラベルと200年の歴史を重ねてきた蔵が送り出す「鈴正宗 ヤオシン生」は、熱燗で味わいます。掉尾を飾る「コシュコシュ」は、タンクで熟成させること12年の純米酒。その深い色合いと香りとともに、お店で扱っている三陸の牡蠣を使った「伊達のかきグラタン」を頬張れば、太田さん、その味に思わず顔がほころびます。  さらに今回は、酒と肴だけではなく、太田さんが長年収集してきた「うちわコレクション」も登場します! 逆境に立たされている居酒屋を今は応援できなくても、酒蔵と酒屋さんは応援することができる。一日も早く戻ってほしい"居酒屋の日常"そんな思いを込めた太田流「家呑みの流儀」をぜひご覧ください!

放送日: 2021.07.07