「中露結束で米欧に対抗! 習・プーチン両首脳の思惑は」

ゲスト:増田 雅之(防衛省防衛研究所政治・法制研究室長)、湯浅 剛(上智大学外国語学部教授ロシア語学科長)

今月15日、中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領の首脳会談が、中央アジアのウズベキスタンで行われた。両首脳の対面での会談は、今年2月以来で、ロシアのウクライナ軍事侵攻後、初めてだ。
会談では、ウクライナや台湾をめぐる問題などで意見を交わし、ともに対立する米国をにらんで、結束を強める姿勢を強調した。
西側諸国と対立が続くプーチン氏は、戦況の長期化で苦戦が続くなか、中国からの支援をどこまで期待しているのか?一方、3期目をにらみ、中国共産党大会を目前に控える習氏だが、「ロシア寄り」の背景には、どんな狙いと思惑があるのか? 中ロ首脳会談から両国首脳の思惑を読み解き、今後のウクライナ情勢に与える影響を検証する。

お気に入り登録

お気に入り登録数:0

関連動画