本編を視聴するには、会員登録の上購入が必要です

第13回 相模の城下町・小田原で旬の地魚を味わう

居酒屋の達人・太田和彦が相模の城下町・小田原を旅します。城下町として知られた小田原は、箱根や伊豆への出入り口の要所として、古くから知られています。

御幸の浜からスタートし、まずは老舗かまぼこ店『鱗吉(うろこき)』へ。「板の上に乗ったかまぼこ」を生み出したお店とされ、店内ではお酒も飲むことができます。 続いて、戦国時代、難攻不落の城といわれた小田原城を散策......。そして、お目当ての居酒屋へ。

一軒目は、小田原駅近くの路地裏に店を構え、地魚を堪能できると評判の『居酒屋 金時』へ。店の名物であるアジの刺身やスミヤキ(クロシビカマス)の塩焼きを、お酒で味わいます。

二軒目は、『素材料理と二八蕎麦 魚庵(ぎょあん)』へ。看板料理のアジ鍋で、こちらもお酒が進みます......。

お気に入り登録

お気に入り登録数:0

関連動画